困った問題・・・オットとほほほい

私から見た、ほほほいの性格。

 

 

  1. おっとりしている
    一つ一つの動作がかなりゆっくりしています。
    あと、動作の直前に少し迷う?考える時間があります。

  2. 空気を読む
    ツマのでかける気配や家事をする気配を早々に察します。
    なんだ、めーてるいないなら寝るか。という感じでヒーターに上がっていきます。

  3. ビビリだけど切り替えが早い
    ららちゃんよりビビる場面は多いですが、ららちゃんの方が長時間ビビっています。
    ほほほいは、事態が収まったり理解できたりするとすぐに元の状態に戻ります。

  4. 食に執着がない
    朝、餌と水を入れ替えてもすぐに食べません。1時間くらい食べない時もあります。
    ららちゃんは入れる時からカップに乗ってきて、引っ掛けたと同時に食べます 

食に執着がない以外は、とても育てやすいほほほいであります。

 

 

IMG_2763

髪長いけど、これは私じゃなくオットですよ!笑

 

そんなほほほいももう生後7ヶ月。

だんだん、難しい時期に差し掛かろうとしています。
いえ、もう突入しているのかもしれません。

 

今まで飼ってきたセキセイは、大体この辺りから性格が一時的に変わっていきました。
すこーし攻撃的になったり、気性が荒くなったりした記憶があります。

 

でも、あくまで一時的なもの。。。
この時期に飼い主が、インコのことを嫌いになったり邪険に扱ったりしては
のちのちのインコの性格形成に大きな影響を及ぼします。

 

私の印象としては、
オカメインコはセキセイに比べると元々の性格がおとなしめなので
思春期もセキセイに比べるとまだマシ?なような気がします。
なんとか、平和に乗り越えられそうな気がします。

 

問題はオット。。。

 

最近、ほほほいがオットに怒ります。

 

ほほほいは、手に乗ったり、肩で昼寝したりする程度にはオットに慣れています。

が、

カカカカカッ!と噛む(こづく?)のです。
穴が開いたり血が出るほどにかぶりつくわけではないのですが。。。
手や肩に乗せている間中、オットの体のどこかを常にカカカカッとしています。
以前からほほほいはどちらかというと私の方に慣れている感じはありましたが、
ここまでオットに攻撃することはありませんでした。

 

悲しそうなオットを見て、私も悲しくなります。
「一時的なものだよ!大丈夫だよ!」と慰めてはいるのですが、
すっかり拗ねてしまってどうしたもんかな、という感じです。

 

「ブログに書いて、みんなに聞いてみてほしい…

 

と言われたので、思い切って書いてみることにしました。

 

オカメな先輩方。
オカメの思春期、どんな風に向き合ったか教えていただけませんか?

困った問題・・・オットとほほほい” への2件のフィードバック

  1. ほほちゃん、パパさんに攻撃ですか?
    それは悲しいですね。

    噛むのもいろいろ有りますよね。
    元気も、パパの肩に来て、耳とか首とか噛むのですが、これは、早く遊んでよ~と言う、催促の時みたいです。

    ほほちゃんは、男の子でしたか?
    ママ大好きだから、焼きもち焼いているのかもしれないですね。

    男の子は、発情時に特に攻撃的になるようですから、しばらくは、知らん顔して無視していたらどうでしょうか?
    しばらくしたら、落ち着くのではないかと思います。

    おかめさんて、気持ちに敏感ですから、意思疎通も出来ますが、嫌だと思うことをされたらいつまでも恨みますよね。
    我が家も、つい手で払ったりしたら、関係の修復にすごく時間が掛かりました。

    可愛いおかめさんとは、良い関係で居たいですよね。
    早く落ち着きますように。

    参考にならなくてご免なさい。

    • マミィさん、おはようございます♪
      そうなんです、もともとおとなしい子ですし、他の種類のインコと比べると大変低い攻撃力なんですけどね^^;
      オットが精神的にショックを受けてるようで、なんとかしてあげたいな〜と思うんですけど、
      やっぱりしばらくは知らん顔しておくしかないですよね。。。
      ほほほいが、落ち着くのをまってもらうことにします。
      今の時期にもし致命的に嫌われる行動をしてしまうと、発情を通り越しても嫌われてしまうと思うので、
      あまり無理せずに向き合っていこう!とアドバイスをしておきます。
      優しいお言葉ありがとうございました。。。オット、喜ぶと思います♪

コメント(※メールアドレス必須になっていたのを解除しました)