手乗り鳥の定義とは?〜ららちゃんの現状〜

ららちゃんは、去年(2016)の10月22日に 妹の家から我が家にお迎えしました。

妹が3人目の子供を出産することになり、
1歳過ぎのららちゃんを私たち夫婦が引き取ることになったのです。

 

もともとららちゃんは、手乗りではありませんでした。
放鳥後は、ヘトヘトになるまで追い回されて、つかんでケージに戻されていました。

 

妹の家でのららちゃんの様子は過去の記事で・・・

 

 

 

そんなららちゃん。

 

我が家に来た初日から・・・

 

いきなり私とオットの手に乗りました^^;

 

お迎え直後の記事 ↓

 

 

でも、このときは引き取った直後で
他に頼れる人間が私たちだけしかいなかったからかな?と思っています。
ららちゃんの嫌いな子供がいないことも大きいかもしれない^^;

 

 

それから今日に至るまでのららちゃんですが。。。
条件付きで手に乗るようになっています!

 

ケージから出てくるとき

  • ツマ:絶対乗らない。でも扉を開けていると手や肩に飛んできます
  • オット:たまに乗る

ケージに帰すとき

  • ツマ:5回に1回は素直に乗って帰る。4回は一度逃げて、2度目で素直に乗って帰る。
  • オット:5回に4回は素直に乗って帰る。1回は一度逃げて、2度目で素直に乗って帰る。

 

 

下記、最近のケージ帰還風景です!

 


ワシの声は気にしないでくださいね・・・笑

 


こちらも、ワシの声は気にしないでくださいね・・・笑

 

私個人としては、「手乗り」というにはまだまだかなと思っていますが、
どうなんでしょうね?

 

懐いてくれている実感はあるので現状のままでも良いのですが、
ブログのカテゴリが(手乗り・噛み癖矯正中)となっているので、どうしようか考え中です。

コメント(※メールアドレス必須になっていたのを解除しました)