アクリルケージ(ハッピーケース)で過ごす、ほほららの夏。温度管理について

 

我が家のほほらら、直接飼育のアクリルケージ(ハッピーケース)で過ごしています。
私がアクリルケージを導入するにあたり、
すごく気にして検索しまくったことは、下記の3つ。

 

 どれくらいの価格でオーダーできるのか

 どれくらいの防音効果があるのか

 夏場は暑すぎないか

 

 どれくらいの価格でオーダーできるのか

これに関しては、ハッピーケースさんはオーダーメイドなので、
当然ながら要望をお伝えしてお見積をしていただかないと正確な金額はわかりませんでした。
うちの場合は、だいたい1台5万くらいで、
それプラス「佐川e-コレクト(クレジット払い)」の手数料の合計額でした。

 

 

 どれくらいの防音効果があるのか

以前レビュー記事を書いた通りで、防音効果は割とあります。
ただし、インコの鳴き声の性質によって防音率は変わると思います。

 

ほほららは、同じオカメインコですが全然鳴き方と鳴き声が違います。
ららちゃんは、キーーーン!と甲高い、ヒトの鼓膜に悪そうな音です。笑
ほほほいは、普段の鳴き声は「ぴよ」ととても小さいですが、
呼び鳴きのときは・・・なんていうんでしょう。
人間でいうと腹式呼吸の声というか・・・とにかくボリュームがすごいんです。

 

アクリルケージの吸音材は、どちらかというと
キーーーン!系の音(つまり高音)をより吸収してくれています。
よって、ケージ内にいるときはららちゃんの本気鳴きのほうがほほほいより小さく感じます。
(外に出ると逆で、ららちゃんの鳴き声のほうが耳に響きます)

 

試していないのでわかりませんが、おそらく鳴き声の性質からいうと
コザクラインコなどはすごく吸音効果があるような気がします。

 

さて、、、ここから下が、本題です

 

 

 

 夏場は暑すぎないか

これに関しては、いくら検索しても全然情報がなくて、かなり不安でした。
実際今、すでに関西地方は暑いのですが、現状どうかというと・・・
部屋の空調できちんと温度管理をしていれば全然大丈夫です。

 

ケージ内の温度は、冬場も夏場も、我が家の場合は室温プラス2度です。
(室温が27度なら、ケージ内は29度という感じです)
室温とものすごく差があるわけではない・・・イコール、室温管理で大丈夫。
我が家は、ケージの真ん前に空気清浄機をおき、
7月に入ってから28度弱の設定でエアコンをずっとつけています。
これで2羽とも、いつも通り快適に過ごしています。

 

ただし、温度の問題ではなく、空気の問題で換気と掃除は必ず必要です!
脂粉や餌のかず、抜けたホワ羽など、1日経ったらケージ内は大変空気が悪くなります。

我が家は、毎日すべての付属品を取り外して、
ケージ内の掃き掃除とマイクロファイバータオルで根こそぎ拭きあげています。

 

 

「毎日のお世話は、えさと新聞の交換しかできない」というご家庭には、
アクリルケージは絶対おすすめできません。
必ず、毎日の掃除が必要です。
温度管理よりもむしろ、そっちのほうがシビアにならないといけません。

 

 

→ケージ台についての記事はこちら

→振動・防音対策のコルクマットはこちら

→アクリルケージ(ハッピーケース)到着しました♪ 〜その1 開封の儀〜

→アクリルケージ(ハッピーケース)到着しました♪ 〜その2 オーダー仕様とセッティング〜

→アクリルケージ(ハッピーケース)の防音効果について…書くのを忘れていた!!

→オカメインコをアクリルケージで飼育する際に気をつけていただきたいこと

→ほほららの愛用品はこちら

→ハッピーケースWEBサイト

 

 

ほほららデイズは、家族一同より
みなさんに愛と笑いをお届けします

 

☆ほほららへの応援クリックお願いします☆

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ

 

 

怪鳥らららんグッズも作ってみました。笑
色違いもできますので、ぜひクリックしてご覧くださ〜い♪

 

 

 

ほほらら工房 SUZURI支店 OPENしました!
新作イラストのグッズ発売中です。よかったらご覧ください♪

また、同じイラストで別のグッズ(手鏡・ポストカードetc)を
「小鳥のアートフェスタ in 広島 7/13(木)~18(火)」で販売予定です♪

 

 

新作、フルーツオカメズで〜す
yasukoさんのインコブレスと、すこーしコラボしてます♪

 

 

アクリルケージ(ハッピーケース)で過ごす、ほほららの夏。温度管理について” への2件のフィードバック

  1. 大きさどのくらいかわかりませんが値段しますねぇ!アクリルも分厚さとか素材(種類あるのかな?)がいろいろあるので似合った値段か調べた上での購入じゃないと失敗しそうですね(^o^;)
    確かに空気と暑さが心配ですがツマさん毎日マイクロファイバーで掃除とはインコちゃん達の愛を感じます(°∀°)私も愛はあるけど毎日拭き掃除は無理っ!!
    我が家も24時間エアコン管理です(^-^)/29~30度設定が我が家のインコにとって丁度良さそうです。
    アクリルって防音なる場合があるんですねぇ我が家クロカミインコってのが居ましてなかなかのボリュームなのです(+_+)
    ほほららちゃん関西のインコちゃんなんですか?私も関西ですよぉ(>_<)

    • 大きさは、W500×D450×H500です!
      一般的な鳥用のアクリルケースは金網ケージを収納するためにもっと大きいのですが、
      うちのはHOEI465よりちょっと横幅が大きいぐらいのサイズです。
      直接飼育だからできる、常識的なサイズです(笑)
      アクリルの厚さも指定できます。ただし、あまり分厚くすると重くなるので
      うちはハッピーケースさんのオススメの厚さにしました。(何ミリだったかは忘れました。笑)
      角の面取りがとっても丁寧で、危なくないように加工されています。
      鳥を飼育する、というよりも、ハッピーケースの場合は普通に職人さんの作品として美しいと思います。
      毎日の拭き掃除は、そんなに苦じゃないですよ!私、ズボラなo型ですがなんとかなっています。笑
      エアコンでの管理がいいですよね。人間も快適だし。
      アクリルケージ自体にとても防音性があるというわけでは無く、
      私は防音を重視にしたかったので隙間パッキンをドアの周りと、吸音材を天井に置いてもらっています。
      これはオプションになりますが、結構効果ありますよ^^
      ほほららは、コッテコテの関西インコで〜〜〜す♪

コメント(※メールアドレス必須になっていたのを解除しました)